忍者ブログ
ボロボロゾウシ

2018.07.17 Tue 「 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.10.01 Sun 「 いろいろいろいろ日記
これだけ更新頻度がまちまちだと誰も見てないだろう…という願望のもと、コッソリ日記を記します。見てほしいのか見られたくないのか私自身にも判然としない行動で困惑するやつです。
口調がブレるのは箇条書きにして日々少しずつ書いているからです。

・パワプロアプリやってます

去年5月ごろにスマホゲームとはどんなものかと思って始めました。
ツイッターはこちら↓
https://twitter.com/setsuAlbatrossP
課金はあんまりしないように心がけてますが安石は買う感じです。
私の絵柄とはかなり違う趣向をあえて選びましたが、なんというかスマホ画面映えする絵とか訴求力ある絵面とか、そういうものを学べてる感じはあります。

・振り返ると割と出かけている年だった

4月に京都、1月、6月、8月、9月に1回ずつ東京へ。
京都は絵描きの方などが集まったお花見会。
東京へ行った用事は、1月はセガ様の謝恩会、6月はラストクロニクルの謝恩会、8月はファイアーエムブレムサイファ&ヒーローズの謝恩会、9月は工画堂スタジオ様の飲み会…と、出不精の私にしてはかなり新幹線に乗りました。
今年はクジ運がキレッキレで、6月の会ではビンゴで模型、8月の会ではニンテンドーSwitch、9月の会ではクジでCLIP STUDIO PaintPROが当たりました。本当にありがたいです。
Switch版FE無双を買ったので、空き時間にプレイ始めようかな~と思います。

今のところイラスト関係で出かける予定はこれくらいですが、誘われればホイホイ参加したいと思います。
こういう場ではみなさん大体お互いの絵を見たことがあったりTwitterでお話したことがあったりして、初めてお会いした感覚が無く喋れて、趣向も知ってたりして、ノビノビしつつ刺激を受けたりできるので。
割と時間が無くて当日新幹線で会場へ向かって、二次会三次会まで参加して一泊して翌日即刻帰ってくるパターンばかりですが、たまには時間をとって東京近辺を巡るのもいいな~と思いました。

・親不知抜いてました

数か月前になりますが、上の親不知を一本抜きました。
というのも、普段の歯磨きでは届かない(奥歯の向こうにちょっと生えている程度の立地)位置で、虫歯になっていたそうなので、他の歯を診ていただいているついでにスポーンとやってもらいました。
初めてなので不安でしたが、上の歯であることとフクザツな生え方はしていないということで、麻酔→ペンチでポーンと。ペンチは10分掛かっていなかったんじゃないだろうか。
頓服の痛み止めを貰って帰りましたが、麻酔が切れてからも腫れも痛みはなく重い感じが数日あったのみで、拍子抜けしてました。多分下の歯だったり難しい生え方をしている場合はこんな風にはならないんじゃないかと思います。
ただ、歯が抜けた穴にご飯粒が入らないようには気をつけてました。

・皮膚科行ってました

6月終わりごろ、手首にできた虫刺されに薬を塗ったら、塗り方が悪かったらしくアレルギーが出ました。
最初は患部の赤みが少し広がったかな~という程度でしたが、日が経つにつれて赤い腫れが急速に広がり、肘あたりまで真っ赤な湿疹で沸騰したようにボコボコに。腕にぐるりと文様みたいな赤みができました(ホントにトライバルっぽい柄が出来てました…薬の塗り方で出来たのかなんなのか)。
ついでにもう片方の腕と両脚にも真っ赤な液を垂らしたような形の強い湿疹が複数個所できて、他の部位にもガンガン広がっていこうとしている様子。筋が走っているかのように赤いポツポツが広がりました。
見た目がまずギョッとするような状態になっていたことと、それに何より作業もできず睡眠も取れないほど痒い!思考がままならないレベルでした。
ここまで皮膚が病変すると痛みとか出るんじゃないかと思ってましたが、全くそんなことはなく、痛みが救いになるレベルで痒い。
全身かきむしりたかったですが、治りが遅くなる・病変が広がる・痕が残るということは予測がついたのでひたすら我慢。ぬるま湯のシャワーを患部に当てると最高に気持ちいいけど刺激になるのでサクッと切り上げなければならない。
週明け月曜にようやく皮膚科に飛び込みました。

診断は最初に言ったとおりのアレルギーで、治療法と言えば抗生剤、ステロイド飲み薬、ステロイド塗り薬、抗ヒスタミン薬を自分に合うものが分かるまで色々試すという内容でした。
ステロイド飲み薬はプレドニンを。抗ヒスタミン薬はアレロック、エバスチン、フェキソフェナジンの順で症状が治まるにつれ薬の強さが弱くなっていくよう処方が変わっていきました。(ちなみにアレロックは眠気が出たので割と早めに打ち切ってもらいました)
ステロイド塗り薬はマイザーを40日ほど、そこからは少し弱い薬としてリンデロンVを9月半ばくらいまで。
そのステロイドの副作用で出来た毛嚢炎(ニキビ状)が腕に密集してでき、脚にも広範囲にポツポツ広がったのでニキビ薬のゼビアックスローションをずっと塗ってました。
毛嚢炎が首回り鎖骨周辺に首飾り状にガッツリできたときは我ながら笑いました。(ネックレスはしてなかったので金属アレルギーではないです)
ちなみにステロイドは塗布箇所の自己免疫を抑制することでアレルギー炎症を抑える作用の仕方だそうで、自己免疫を抑えたが故に細菌感染しやすくなり、毛嚢炎などの症状が出るそうです。ゆえに湿疹が治まらない限りはステロイドを塗り続けることになり、副作用も続くと。
湿疹自体は赤みを残す程度になってきても、毛嚢炎の方でまた人目に出しづらい肌になっていたので、本当にまずはステロイドを塗らずに済むように湿疹が消えるのを薬を使いながら待つという状況でした。
強めのステロイドを四肢の広範囲にずっと塗っていたので、まあ副作用は出るよね…という感想。マイザーは5gチューブを1日1本使い切るくらいで毎日塗ってました。他にはごく小さい水ぶくれがいくつもできたり、四肢の肌が荒れたり。ずっと胃腸の調子が悪かったんですが、これは原因不明です。

10月現在はまたひどくなったら皮膚科に来てね、という感じで通院から解放され、薬を塗ったり飲んだりすることもなくなりました。6月末からなので治療期間約3ヶ月でした。
薬はすごいですね。閲覧注意レベルの病変と、あれだけ精神を削ってくる痒みを抑えられるなんて…。
皮膚科の先生は治るのに妙に時間が掛かってるとか、副作用の毛嚢炎も不思議と強く出ているとか仰っていましたが、今現在断薬した状態で異変が起こることなく過ごせているので、原因がどうあれ治まって良かった、という感想です。
ちなみに血液検査で調べられる項目では、アレルギー物質はありませんでしたし、全部健康数値でした。本当になんなんだこれは。

湿疹も毛嚢炎も、顔と胸から下の胴体には全然出なかったのが救いでした。それと夏場で皮膚露出が多くても大丈夫な季節だったことも。薄着で引きこもっていられたのはよかった…。在宅作業、人前にあまり出ないで済んで良かった。
今は色素沈着状の痕はありますが皮膚の状態も正常になったので、良かったです。
発症時から気が向いたらスマホで患部写真を撮っておいたんですが、まあ中々の閲覧注意画像なので載せません。
治りかけでまだ皮膚病変が分かりやすい時期に会った人には「うつらない」と念押ししてましたが、それ以前に理解のある方ばかりで本当に感謝でした。
長々と書きましたが、湿疹闘病されている方の参考になりましたら幸いです。

・いろいろ描いてました

ギャラリーページの方は少しずつ更新してるので既にご覧になっているかもしれませんが、色々お仕事絵を上げてました。
今のサイトTOP絵は今年に開催された武者絵展に寄稿させていただいた絵の線画版です。
イラストについては今後も増やしていけたらな~と思います。
そしてまたイラスト本出したいな~。イベントに合わせて印刷所締切に向かって作業する…というよりは、コッソリ印刷しておいてイベントの時に必要な分持っていくスタイルの方が性に合ってる気がするので、まずは意識的にイラスト本作りの時間を作らなきゃな~と思っているところです。
お仕事絵を描くことに追われてオリジナル絵を描いたり本作りをする時間を潰してるのは分かってはいるんですが、手が遅いぶん詰め込まないと不安になるので、そこをなんとかしよう…。

・サイトのあれこれ

久々に(毎回久々ですが)サイト更新作業をしていると確認のために公開済みのページを見るんだけど、毎ページにスタイルシートを貼りまくってカーソルをクロスにしてるところとかホント中学生かと思う。実際に学生時代にページのひな形を作って、全ページ変更するのも面倒でそのまま運用してるので、その頃の名残が残っているのは必然か。
普通の矢印カーソルに戻すためにはその謎スタイルシートを全ページから削除する必要があり、そのスタイルシートを文字列から探し出していちいち変更していく作業となる。ので、労働と対価の概念が染み込んだ現在、そういった不慣れな作業に長時間割くことでのリターンと現状のまま中学生センスを晒すことを天秤にかけた結果の妥協のクロスカーソルと言える。
当時はコレがオシャレだと思っていた。それでいい。
ただここで言い訳めいたことを長文で書いていることについてはオシャレじゃないと思う。
セルフ突っ込みをしておくことで他者からのツッコミを未然に防ぐ処世術である。

・PCを変えようかどうしようか

作業用のPCをデスクトップPCに変えようかちょっと悩んでいます。
現在ノートPCにモニターを繋げて、ネットをしながら絵を描いてるんですが、データが大きくなると処理が遅いし全部の動作が重くなるしで、時間のロスが半端ないことが大いなる原因です。
データを開くのに10分、画像を拡大するのに20分、保存に1時間とかかかる時もあるので、これはよろしくない。
それとペンタブ(板タブ)との相性が悪めなのか、PCを起動したまましばらくペンタブを使わないでいると、ペンタブのドライバが認識されなくなる→再起動コースとなり、これまた時間が掛かる。
単純に処理能力が高いデスクトップにしてしまえばいいのよなあ…と思いつつ、選び方がよく分からないのと、いろいろあって変えようか悩んでいます。
今のところA4サイズ前後までしか絵を描いてないので、現状のままでも描き方を工夫すればいけるっちゃいけるんですが、まあ処理能力は高いに越したことはない。
デスクトップPC並みの処理能力を持ったノートPCはないものか。経済的(?)だし移動もしやすいし急にブレーカーが落ちても大丈夫だしでメリットもあるし。
まずはノートPCで良さげな物が無いか探してみます。


Twitterで呟かないぶんこっちで長文を垂れ流します。また日々少しずつ書いていって投稿したいと思います。
PR